> ユリ・サカザキミュージアム ユリサカ用語集 -ワ行

ユリサカ用語集 - ワ行

ワイラー
人物・龍虎の拳外伝


いや、これはダメだろ。

「ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝」のボスキャラクター。
 メキシコの郊外にあるグラスヒルバレーの名家ワイラー家の五代目当主で、フレア・ローレンスの幼馴染。長身で中肉の男で、どうやら究極の力を求めているらしい。ファーストネームは不明。
 傲慢な性格で、偶然尋ねてきた格闘家を実験の対象にしたりするなど、基本的にモラルは薄く、ファーストネーム不明のためか口もかなり悪い。
 彼の父親ビクトリアはフレア・ローレンスの父とともにある薬物の研究を行っていたが、この薬を危険視したフレアの父親が薬を持ち出したまま研究を離脱しため、実験は中止になる。
 フレアはこの父の持ち逃げしたデータをワイラーに届けにグラスヒルバレーを訪れ、事件に巻き込まれた。
 ワイラーは未完成の薬品をそのまま飲み、筋肉超ムキムキ(下半身も膨張するが、上半身の膨れ具合が尋常ではない)のモンスターになってしまい、格闘家に襲い掛かる。
 しかし倒されてしまうと薬を飲む前よりも体格がしぼんでしまい、精神も幼児退行を起こしてしまう。

 身長180cm(変身後240cm)、体重84kg(変身後124kg)。1957年10月22日生まれの23歳。血液型O。

 目標は「父の薬を完成させること」だそうだが、ゲーム中ではフレアが来る前に(つまり明らかに研究途中の)薬を一気飲みして見も知らぬ格闘家にケンカを売るなど、行動と思想が支離滅裂である。
 恐らく物事を深く考えない性質なのだろう。旅行の計画を任せたら杜撰極まりないスケジュールで旅行を台無しにして、みんなに責められて拗ねるタイプだと思われるが、ひょっとしてそういうシチュエーションに燃えるのだろうか?
 また、素の状態でもかなり体格がよく、薬に頼らなくても努力次第でそこそこ強くなれたはずである。泥臭い努力を嫌がるくせに、行動や思想に一貫性がなく、ドM疑惑がある。
 ……ひょっとして、SNK史上に残るレベルのダメ人間なんじゃないだろうか。
 天獅子悦也の漫画「カーマンに指令を」では、多少知性を感じさせる台詞もあるが、自分がラスボスを勤める「龍虎の拳外伝」の漫画化なのに完全な脇役であり、台詞の数はわずか34、うち8が雄たけびである。
(ピンチになると筋肉ムキムキになって襲い掛かって返り討ち、という性質上、どうしても「クイズKOF」のラスボス「帝王(キューリッチ)」がオーバーラップしてしまう)

 また彼の父の残した薬は未完成の状態で体格が1.4倍に膨れ上がる。完成後の薬はどんな代物になる予定だったのかとか、ワイラーの父はこんなもん作って何がしたかったのかなど、ツッコミどころは多い。
(このあたりは上記の漫画「カーマンに指令を」で大幅に設定が増補されているが、ゲームにおけるワイラーの行動と噛み合わない部分が出てくるのは致し方ないことだろう)
 純粋に効果が今の三倍になるとすると、完成した薬を飲むと身長7m20cm、体重372kgに変化することになる(数学的に考察すれば、体重はさらに増加して5,376kgになる)。
 格闘家などより地球防衛軍に喧嘩を売ったほうが良いデータが取れそうな気がするが……。
 またボスキャラなのにファーストネームが分からないことで影が薄くなってしまっている。公式ストーリーで父親の名前が判明しているにもかかわらず、本人のフルネームは登場しない。

 ワイラー自身は格闘技は身につけておらず、基本的に攻撃は単純に殴る蹴るの野趣あふれるもの。基本連続技も、浮かせてから左裏拳連打など、単純なものが多いが、牽制技の立ちA、+A→+Aのコンビネーションが非常に強力で、しかも巨体ゆえか「相手の投げ技が無効」という特種効果も強い。しかし下段攻撃を持たないためか、体力面でリードされると巻き返しに苦労する。
 倒されると薬で膨張した筋肉が縮み、なぜか薬を飲む前よりも痩せ細ってしまい、精神も子供時代に退行してしまう。
 各種移植版ではタイムリリースや隠しコマンドでプレイアブルキャラクターとなるが、基本的にCPU戦ではデモがない。ネオジオCD版のみ、エンディングが存在する。

 追い討ちヒップアタックや、筋肉モリモリの勝利デモ、それでいてB級な悪役面、サイトロン攻略ビデオでの下品な喋り方など、かなりのインパクトがあり、ファンからの愛称は「アミバ」。
「外伝」のストーリーは謎が多く、なぜ アミバ ワイラーが究極の肉体を求めたのか、なぜフレアの父が アミバ ワイラーにデータを届けるよう遺言したのかなど、よく分からないところが多い。
 アミバ自身はフレアを気に入っている(惚れている?)らしく、サイトロンの攻略ビデオでも「このままずっと側に置いてやる」などと発言している。フレアにも薬を飲ませてモンスター夫婦になるつもりだったのだろうか?(漫画版では自分とフレアの間にできる(予定の)子供に薬を飲ませると発言していた)
 フレアも精神退行を起こしたアミバを放っておけず、彼の面倒を見る覚悟のようだが、攻略ビデオのエンディングではさっそくそれを後悔しているかのようなコメントを遺している。

 担当声優はモンスター前塚氏。

帝王フレア・ローレンスロバート・ガルシア

ワイルドフライングスワロー
通称・KOF

 英語版「KOF15」で、ユリを表すニックネーム、キャッチコピー。日本語版キャッチコピー「奔放なる飛燕」の直訳でないかと思われる。「15」公式サイトで閲覧可能。
 この英語版キャラクター紹介を直訳すると、「ユリは坂崎亮の妹で、極限流道場に入社し、1年足らずで殺人的な技術を身につけた。戦いの天才として、ユリは極限流空手に自分流の新しい流れをもたらした。彼女はKOFに参加した。兄にその実力を認めさせるために」となる。

極限小町極限流の紅一点逆転よゆうッチちょうおてんば娘リョウ・サカザキ

ワコール
企業

 ユリが好きな下着ブランド。または同名の下着メーカー。
 1946年6月、和江商事として設立。1957年「ワコール株式会社」、1964年「株式会社ワコール」、2005年10月「ワコール」に商号変更。現在はワコールとウィングの二大ブランドに力を入れ、大型ショッピングセンター内を中心に直営販売店を展開し、ブランド力と直販体制で他社を圧倒、婦人下着業で業界トップの地位を占める。
 また成人向けだけでなく思春期向けにも複数のブランドを展開しており、「10歳を迎えたら母娘で相談してファーストブラを買うように」勧めている。
 近年は、「グッドアップ・ブラ」に代表される機能性商品の開発に力を注ぐ一方で、中国を中心とする海外進出にも積極的に取り組んでいる。

 本社は京都府京都市南区吉祥院中島町。従業員数は単独19714人、連結4738人(2021年3月末)。
 ワコールホールディングスとして、2021年資本金132億6000万円(連結50億円)。2021年3月期売上高単独164億2900万円(連結1522億0400万円)、営業利益単独127億4900万円(連結-11億1500万円)、経常利益単独120億4800万円(連結107億9200万円)、当期利益単独115億4400万円(連結70億2500万円)。
 ブランド名は多すぎるのでここでは割愛。
 現在「株式会社ワコールホールディングス」は、ワコール、ピーチ・ジョン、WACOAL INTERNATIONAL CORP.、WACOAL AMERICA, INC.、WACOAL EUROPE LTD.、ハウス・オブ・ローゼ(持株20%)からなる。
 また主要グループ企業として七彩、ピーチ・ジョン、ハウス・オブ・ローゼ、Ai、ワコールミネット、ワコールキャリアサービス、ルシアン、ランジェノエル、ワコールアートセンター、ウンナナクールがある。

 2007年からは本社地元のJリーグクラブ「京都サンガF.C.」のユニフォームサプライヤー。

 1950年、百貨店として初めて高島屋京都店に女性下着売場をオープンしたが、当時はまだ女性ですら「ブラジャーってなんですか?」という時代だった。
 1952年、日本最初の下着のファッションショー「下着ショウ」を「男子禁制」で開催したが、最初はモデルが集まらず、百貨店の店員さんに無理を言ってモデルになってもらったそうである。

 ホームページ→ワコールワコールホールディングス

バストブラジャー

私立エールランド・ハイスクール
地名・龍虎の拳

「龍虎の拳の謎」(新声社)によると、ユリは私立エールランド・ハイスクールという高校に通っているそうであるが、詳細な情報は不明。
 ここで親友のエレン・バークマンやジェニファー・ブラウンと絡みつつ、スクールライフをエンジョイしているもよう。

エレン・バークマン北崎まどかジェニファー・ブラウン聖チャベス女子学園覇天高校