龍虎の拳

発売機種発売日設置期限発売元価格
業務用2013年5月7日2016年2月SNKプレイモア不明

概要

 格闘ゲーム黄金期を支えた人気シリーズ「龍虎の拳」とのタイアップ機が、純増約3枚を誇るハイスペックAT「極限RUSH」(1セット50ゲーム+上乗せ)を引っ提げて登場した。
 極限RUSHは1ゲームあたりの純増もさることながら、最大500ゲームの上乗せを獲得できるという圧倒的な破壊力がウリ。
 ゲーム数上乗せをもたらすのはレア小役及び赤7揃いで、レア小役は内部状態によって出現確率が最大17分の1にまでアップ、赤7揃い時はゲーム数上乗せが確定する。
 どちらの場合も強力な上乗せ特化ゾーンへの突入抽選が発生し、レア小役後は1セット5ゲームの上乗せバトルが50〜84%でループする「闘神バトル」、赤7揃い後は闘神バトルorリールアクションによる赤7揃いが連続する「奥義烈火の刻」突入のチャンスとなるぞ(闘神バトルはAT規定ゲーム数消化による突入もアリ)。
 なお、ATへの突入は解除前兆ゾーン「極限鍛錬」や、規定ゲーム数を持たない自力解除ゾーン「龍虎チャレンジ」を経由するルートがメイン。
 龍虎チャレンジ中は小役非成立でも約27%(トータルでは約33%)がATに結びつき、「リール告知」or「液晶告知」から告知方法を選択可能だ。
(pachinkoVista.comの紹介文より)


(C)SNKプレイモア

スペック

設定AT出現率PAY
11/294.797.2%
21/280.599.0%
31/266.7100.3%
41/237.9104.6%
51/208.2109.2%
61/180.2114.9%

 ゲーム数天井

 AT間最大1280ゲームハマリでAT確定。天井はモード毎に異なり、モードA&Bなら1280ゲーム、天国準備モードなら896ゲーム、天国モードなら128ゲームとなっている。
(pachinkoVista.comの紹介文より)

コラム

 2013年5月6日発売の5号機。格闘ゲームを含め、「龍虎」の名を冠する新作としては17年ぶりの登場となります。
 パチスロ機としての解説は、申し訳ありませんが専門のページを御覧くださいm(_ _)m。
「龍虎の拳1」のセルフリメイクのようなストーリーが展開するらしく、ギース・ハワードに誘拐された「マリア」という名の女性をリョウとロバートが救出します。このマリア、サカザキ家とはかなり親しい付き合いがあるようで、ユリと一緒に家族写真に写っていたり、ウエディングドレスを着こなしていることも。
 今後、格ゲーなどで補完されるのだろうか、このネタ。


(C)SNKプレイモア

(C)SNKプレイモア

 なお、本作のPVはかなり熱い出来になっており、2曲のテーマソングのノリの良さもあって、ついつい見入ってしまいます。
 もちろんストーリーも熱く、リョウvs.ギースでは、ギースの猛攻の前に一度は倒れるリョウ!
 しかし、ユリの涙で復活!
 リョウ&ロバートのW覇王翔吼拳で大逆転!
 燃え盛るビルから飛び降りるギース!
 崩壊寸前のビルの中、リョウを探しさ迷うマリア!
 そのとき、リョウの下駄の鼻緒が切れる!
 燃え盛るビルの前で動転するタクマ!
 今にも泣き出しそうにそれを抑えるユリ&ロバート! そして……!!!

 熱いゼ熱いゼ熱くて死ぬゼ!

 主人公リョウを演じるのは高倉大輝氏。実はKOF14よりも前からの配役だったりします。また若ギース役は同「KOF14」でハインを演じることになる狭川尚紀氏です。
(残念ながら彼ら以外のキャストは不明)
 ほとんどのシーンがフルアニメーションで作られているため、ユリ他極限流一派の登場する貴重なアニメーション作品であるともいえます。

 ちなみに、本作に登場するキャラは 全員凶悪な面構え 北斗の拳 たいへん勇ましい表情をしていますが、その中でもギースの凶悪さは出色です。タクマは完全に藤岡弘。ですが。

 あと導入率はかなり低かった模様。