THE KING OF FIGHTERS '98 ULTIMATE MATCH WEB EDETION

発売機種発売日発売元価格
PC2019年?GTARCADE ENTERTAINMENT, INC.不明

コラム

 近年、国内外で「粗製乱造」といっても過言ではないペースで作られている「KOF'98」の横スクロールアクションゲームのひとつです。例のようにゲーム本編も公式サイトも日本語に非対応で、ゲームの対応環境やサービス開始日などはことごとく不明(公式サイトは19年8月に開設されたばかりのようです)。
 ただし公式サイトからクレジットカードの登録ページがあるようで、もしかしたら有料ゲームなのかもしれません(基本無料+ゲーム内課金だとは思いますが。あとサーバーが少ねぇ!)。

 元祖「KOF'98」に近いモデルを使用している(と称している)ゲームで、リアルタイムPvPとストーリーモードに対応している模様。
 ストーリーは当初、「'97」のエンディングから始まります。「三種の神器」、庵がオロチの首をつかみ上げ、京の炎が彼らごと包んでオロチを封印……したはずが、京が次に記憶を取り戻すと、まったく様相が違っていました。どうやら彼はKOFの大会中に目を覚ましたようであり……。

 待て、どっか他のゲームで見たぞ、このストーリー。(たぶん庵は異世界に飛ばされて女騎士とともに旅をしている)

 操作はキーボードの「U」が基本技、「I」が必殺技、「O」が超必殺技に当てられており、基本的に「U」→「I」→(使用可能なら「O」)というコンボをつなぎます。

 オープニングが終われば所謂「ホーム画面」にうつって自分の状況を確認するのですが、他のプレイヤーのキャラクターも同時に映っているので、京やアテナやユリや舞がワラワラ(19年9月現在、ほとんど京)いることになります(非表示にすることもできるようです)。


 バトル画面は「KOF'98UMOL」方式ではなく、「KOFオールスター」方式。グラフィックはやはり書き直してありますね。


 そして相変わらずとてつもなく広い極限流道場。「拳皇命運」では謎のギャングに、「SNKオールスター」では如月影二率いる忍者軍団に襲われますが、今回も山崎竜二率いる謎のギャング団に襲われます。本当に多事多難な道場です。
 ストーリーの合間には、アニメ調の小紙芝居が入ります。


 キャラの立ち絵は基本的に「萌え絵」に近く、女の子は可愛いです。あれ、もしかして舞が京に惚れる流れ?


 キャラクターはウネウネ動きますし、ユリは「龍虎2」方式と「KOF'96」方式の両方の雷煌拳を同時に使えたり(つまり「'98」の表キャラと裏キャラの技を同時に使える?)、雷煌拳を空中から連発する新超必殺技があったりと新要素は多いようですが、日本人プレイヤーに対しての間口の狭さも特筆ものです。