THE KING OF FIGHTERS '98 ULTIMATE MATCH Online

発売機種発売日発売元価格
iOS 7.0以降(iPhone、iPad、iPod touch)
Android3.0.0以降
2016年8月25日配信開始GAME4FUN TECHNOLOGY LIMITED(販売)
OURPALM INC.(コピーライト表記)
基本無料

コラム

「KOF'98」を原作としたオリジナルストーリーのタップアクションです。ストーリーや様々なイベントをこなしてキャラクターを育てます。
 ストーリーモードのほか、ガチャ、天賦、究極試練、KOF大会、女性格闘家クエストなどのイベントやPVE+PVPモードあり。
 正直に言うと、ゲーム自体はわりとありがちなものです。

 ゲーム画面はこんな感じ。
・ストーリー有り。ステージと敵が次々変わる。
・バトルは基本6人対敵複数。攻撃する相手を選択し、敵を囲む黄色のサークルが小さくなる瞬間にタップしてコンボを決める。
・顔グラの下のメーターが満タンになると必殺技が使用可能。
・キャラクターは良く作ってあるが、ところどころ設定がデタラメで、成長がなかなかしにくい。
・敵の攻撃力がデタラメに高め&攻撃回数がデタラメに多め。ストーリーに行き詰ると復活は難しい。
・ガチャはダイヤとコインの二種類。アイテムが必ず手に入るがキャラの入手は非常に稀。
・コインガチャだと「キャラの破片」しか手に入らず、50個〜100個集めないとキャラクターにならない。

 2018年6月29日ベトナム版が、2019年8月東南アジア版がそれぞれ配信終了。

ユリ・サカザキ ステータス(Lv.99)

タイプ高攻撃力格闘家
戦闘力54956
資質N
属性攻撃
攻撃45176
防御9607
HP189559
クリティカル率22.5%
クリティカル減少率11%
クリティカルダメージ0%
ガード率20%
貫通率10%
ガード強度0%
ダメージ増加率17.90%
ダメージ減少率17.90%

ユリ・サカザキ 宿命&スキル&闘志

宿命

名称条件効果
龍虎の拳リョウ、ロバート、ユリ攻撃力20%UP
少女たちユリ、アテナ、舞攻撃力20%UP
古株ユリ、大門、ロバート、紅丸、ビリー攻撃力20%UP
おてんば娘バッジ覚醒HP15%UP
よゆうッチ攻略本覚醒攻撃力15%UP

スキル

名称分類効果1効果2
怒り特性隠しステータス攻撃する度に怒り100回復
虎煌拳スキル攻撃敵に149.8%+792のダメージ味方の男性格闘家のクリティカルダメージアップ
覇王翔吼拳必殺技横1列の敵に259.6%+1188のダメージ味方の男性格闘家の攻撃を12%アップ
攻撃強化+2パッシブスキル自身の攻撃力が増加する
極限流紅一点パッシブスキル味方の男性格闘家の攻撃力が+495
ダメージ増加パッシブスキルダメージ増加率UP
ダメージ減少パッシブスキルダメージ減少率UP

闘志

毒蝮の魂全戦闘で攻撃する毎に怒り+192
毒草の魂アリーナとサーバー間アリーナでの格闘家のHPが100%UP
大鷲の魂全戦闘でスキルの発動確率が9.55%UP
堅石の魂全戦闘での格闘家のHP+20000

裁判

 このタイトルは、ガチャをまわすことで獲得できる格闘家キャラクターの出現確率の表記をめぐる1人のプレイヤーの疑惑から、裁判に発展する大事になりました。
 詳細は色々なニュースサイトが報じているので詳細は省きますが、

@景品表示法の“有利誤認(実際に提供されている商品より有利であるかのように誤解させる表示)”に違反しているという指摘。
Aこれを指摘したプレイヤーに、OURPALMは「キャンペーンページに記載があった」と虚偽の反論。
Bさらにこれを指摘したプレイヤーに、OURPALMは「Appleに嘘をついて返金してもらえ」と提案。
Cプレイヤーがこれを拒否して訴状を送ると言うと、OURPALMは「今、わが社と秘密の約束をして訴訟を取り下げたら、君だけにアイテムをたくさんあげるよ」と提案。
Dプレイヤーがこれも拒否して訴状を送ると、あて先不明で戻ってくる→サイトに記載された本社住所(東京都港区六本木1-9-10)? そんな場所にOURPALMはありませんでした(特定商取引法違反)。
E明らかな特定商取引法違反であり、消費者庁もこの事態を理解しているが、本社の住所が不明で動けない。
FOURPALMは公式サイトの住所を更新するが、これも訴状が届かない住所(東京都中央区月島3丁目25-3)でした(やはり特定商取引法違反)。
G景品表示法に違反するとして、消費者庁長はこれら表示が景表法違反であることを一般消費者に周知徹底すること、再発防止策を講じること、今後同様の表示を行わないことをOURPALMに措置命令として指示。
HOURPALMは公式サイトで、OURPALM株式会社は同作とは一切関係のない会社で、実際は中国・北京にあるOurpalm Co., Ltd.が運営していたと発表・謝罪。この発表が本当なら、今度は個人情報保護法違反にも該当する。
I結局、裁判はうやむやのまま終了し、プレイヤーに返金も認められなかった。

 ……ということでした。詳しくは「業界が注目した「KOFガチャ返金訴訟」が和解で決着 原告への返金は認められず疑問残る結果に」を参考。
 正直、アジア企業が絡むことの多いスマホゲームに関しては、Aあたりまでならよくあります。
 しかし、裁判沙汰にまでなることはあまりない上に、初期のOURPALMの悪質な対応が話を大きくしてしまったような気がしますね。
(個人的にはSNKが完全無視を貫いたことも無責任極まりないと思うが)